恵方巻きとSRM607とCodeforces #228

今日はひたすらグラフを書く作業をしていました。
心が折れそうだった時に差し入れが。
f0019846_143543.jpg


夜は恵方巻き。
f0019846_143379.jpg


そして、夜はTopCoder SRM607(div1)に参加。

easyは、文字列sの回文度とは、sの空でない連続する部分文字列のうち、回文であるものの個数を言う。
英小文字と'?'からなる文字列sが与えられる。
'?'は等確率でa-zに変化するとき、sの回文度の期待値を求めよ。

期待値系はこねくり回していたけど、結局通せませんでした。
1277->1258

音ゲーは3クレのみ。
sakura storm 98.5% フルコン
f0019846_1441418.jpg


キャンディーポップ(EX) BAD15 銅◆
f0019846_1444887.jpg


ゲーセンにはトップランカーの人もいました。
quaver♪(EX)がGREAT30のPERFECTとかでした。

その後はCodeforces #228にも参加。正直余裕が全くないのに…。

A問題は、
n個あるx1..xnの数列でxi > xj であれば、
xi = xi - xj の処理で置き換えが出来なくなるまで繰返して数列の総和を最小にする。

何故か落ちていました。

B問題は、n*nのフィールド上にある#は#が十字状に並んだものの集まりであるかどうかを判定する問題。
これも落ちていた。ひどい。

C問題は、xiの強度の箱がn個ある。0強度の箱の上には1つも箱が置けない、1強度の上には箱が1つ置ける。
・下から2,1,1まで積んだら上にはもう何も積めない。
1番下の2から見て上に3箱、2番下の1から見て上に2箱ある状態になるので3箱目はダメだと。
最小いくつの箱の山ができるか出力せよ。

強度の弱い箱から上に積み上げて、いくつ山ができるかを計算すればよい。


import java.io.BufferedReader;
import java.io.IOException;
import java.io.InputStreamReader;
import java.util.Arrays;


public class Main2 {
public static void main(String args[]) throws IOException{
BufferedReader br = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
int n = Integer.parseInt(br.readLine());
String[] s = br.readLine().split(" ");
int[] a = new int[n];
for(int i = 0 ; i < n ; i++){
a[i] = Integer.parseInt(s[i]);
}

Arrays.sort(a);
int count = 0;
int pile = 0;
while(count != n){
int stdc = 0;
for(int i = 0 ; i < n ; i++){
if(a[i] != -1 && stdc <= a[i]){
a[i] = -1;
count++;
stdc++;
}
}
pile++;
}
System.out.println(pile);
}
}


夜は出来る限り文章校正を進めました。朝5時半に仮眠といったところです。

  by ddrer-yossi | 2014-02-03 23:31 | TopCoder | Comments(0)

<< 大雪、荒れ模様 追い込まれし日々 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE