<   2007年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧

 

らんらんるー

らんらんるー☆

中毒性まずまずです<><>

・ドナルドのうわさ ランランルーってなんなんだー?
見ても理解できないようです。意味を求めることが間違っているのかも!

道化師は大変な洗脳を施していきました
職人さんのセンスがやばいです>< コメ自重><

道化師は大変な洗脳を施していきましたを踊ってみた
ちょwwwwwニコ麻呂wwwwww

ドナルドの楽しいらんらんるー画像集
らんらんるーのループです。

・おまけ

Lv1からのデッドライジング Part9
ドナルドさん何やってるんですかwwwwww(注:微グロ、恐怖系)

さあ皆さんも一緒に らんらんるー><

  by ddrer-yossi | 2007-07-31 23:14 | 日常生活 | Comments(1)

色々。

【2時起きその後】
2時起床の後の、11時頃から12時にかけての睡眠は、あっさり眠ってました。
まあ、1時間で起床したことのほうが奇跡な感じがしないでもないです。

【フラッシュ暗算】
今日テレビで6桁0.4秒*10のフラッシュ暗算を成功させていた人が居た。
まさに人間計算機><
自分は2桁0.5秒*10ができるかできないかぐらいの実力しかないです。
3桁ぐらいまでは日常生活でよくやっているのですが、
(スーパー等での買い物で、買うものの値段を全て足していって、
レジで清算される前に金を出して、驚かれたことがあるが、あまり驚くほどのことでもない気がした。)
なかなか0.5秒とかになると、3桁は無理っぽいです。

で、トモエそろばんのサイトの、2桁暗算でもやってみたのですが、
今日の登録者で2位、週間で40位、月間は200位以下でした。
普通に3秒台とかぞくぞくいるので、やっぱりそろばん脳な方は強い。

自分も昔算盤をやっていたのですが(確か3~4級とかそのぐらいだった記憶が)
うーん、そろばんを思い浮かべる暗算ではまったくないです。
これが壁の原因なきがしないでもないですが・・・。

f0019846_23453520.jpg


【Wiz2-Chat-RPG】
3回連続で魔銃G-23取得。これはもう物凄い運ではないだろうか。
PPK3連続じゃないのが残念ですが、アイテム2連続取得自体が稀なだけに、これは凄い。
この日はもう2時起きだったので、レベルを74から80まで上げました。

f0019846_23465438.jpg


【BOINC】
XtremeLabがついに動き出しました。
そして、いつの間にかWCG(World Community Grid)を逆転していました。
熾烈な争いです。
f0019846_23473559.jpg

  by ddrer-yossi | 2007-07-30 23:34 | 日常生活 | Comments(0)

参院選(参議院選挙)

今回自民党の大敗により、民主党が第一党となりました。

まあ、自民党に対する相次ぐスキャンダル、失態の報道による力が
かなり大きかったのではないかと思われます。

きちんと政治的知識を持って投票に行っている人は恐らくほとんどいないでしょう。
それもそのはず、現状政権に関心を持たせるような社会には仕向けられていず、
逆に政権に興味を持たせないようにしているような傾向のほうが強い気がします。
というか、ここ十数年で政治離れがますます拡大しているといわれるくらい。

政治的知識なしでの投票による操作はマスコミの力を借りれば至って簡単なのも事実だ。
マスコミが悪く言えばそれによって百万票が動く可能性もある。
要は知識を持たない人を増やすことが政権の思う壺なところがあるような気がします。


だから政治的知識を身につけて欲しいといいたいところですが、
現状そういった知識を得るのはよほど関心が無い限り難しいところです。
(自分もその辺りの知識は疎いです。)

自分の1票ぐらいどうってことないとか考えてしまいがちなのは、
まあ1人1票制だと仕方の無いことであります。
確かに”自分”という立場で見れば自分の一票ぐらいで決まることなど、ないに等しいので。

まあ、政見放送だけで人を見極めようとするのも非常に難しい。
口先だけ巧い政治家など、ほとんど全員といっていいほどですし。

まあ、参考までにカンペばかり見る人は、自分の意見をしっかり頭の中にまとめられていない
口先だけ巧くまとめた紙を読んでいるに過ぎないというのはあるのかもしれない。
本気で日本を良くしようと思っているならば、自分の考えをしっかり頭の中にまとめておきますしね。

まあ、今回は投票した殆どの人が、他の政党に魅力が無かった(Yahoo投票 大体7割を占める)
と感じている人が殆ど。

どの政党もうーん、微妙なところだ という考えを持ってしまうのはもう、
この現状致し方ない・・・。

  by ddrer-yossi | 2007-07-30 06:14 | 日常生活 | Comments(1)

不思議な状態

今日は0:30に寝て4時半には起きようと思ったのですが、
体は眠っていて頭が意識ありの状態で眠ることが出来ていないせいか、
体はまったく動かないのに意識だけうようよしている状態でした。
目は瞑ったままです。

金縛りって多分これのことじゃないかと思った。
意識が起きているのにもかかわらず体が起きようとしない状態じゃないのかなーと。

まあ、そんなわけで意識を途絶えようと意識することで更に意識されてしまって
頭が眠れそうに無かったので2時15分に起きました。

今とても不思議な状態で、欠伸連発状態だが、眠くないという・・・。
うう、これもしかしてただ単に眠いだけなんだろうなあ・・・><

もしやこれ、不眠症の始まりだったりして・・・。(´・ω・`)

  by ddrer-yossi | 2007-07-29 23:59 | 日常生活 | Comments(2)

ただ説得力もなく、罵詈雑言のみな書き込みをする人ってどうよ?

mixiの某コミュで、世の中の事象とかそういったものに関して議論をするところがあるのだが、
ただ単に説得力なしに~~だから駄目だ、~~は低脳だ としか述べていない人がまあ、
必ずといっていいほど居るんですね。

議論というのは、自分の考えが何に基づくかを通して成り立つものではないか?
何の脈絡も無く批判的な意見を唱えるだけでは、
当然しっかりと考えを持っている人からはいやな目で見られ、煙たがられます。
何の根拠もなしに批判をすることは暴言の争いにつながり、議論が成り立つはずも無いです。

いや、まあ、ね、相手と議論するときの注意点というか心構えというか・・・。
都合が悪くなったらすぐ暴力に走ったり、暴言を吐いたりするような人と同じようなものです。

  by ddrer-yossi | 2007-07-29 12:11 | 日常生活 | Comments(0)

日本 対 韓国 戦

今回の試合は誰が見ても分かるとおり、試合は韓国の勝ち、内容も韓国の勝ちである。
日本も決して序盤から後半にかけては悪くは無かったが・・・。
結果 日本0-0韓国 PK5-6

一般的なメディアの言いたいことは恐らく
「後半相手は10人しか居ないのにもかかわらず11人で得点を決められなくて、PK戦までもつれ込んで負けた」 というだろう。

確かに人数の差はフォーメーション云々ではなく、数値的に差を見て取れる。
だからまあ、客観性が高いとは言えよう。

しかし、逆に一人人数が減ることで、11人側が油断し、
10人のほうが力を出し切ってしまうこともないわけではない。
そして日本はその11人居るのにもかかわらず得点に結び付けられないことと、疲労が重なり、
後半以下のプレーはミスの連発。あんなミスしてたら本当にどうしようもないってぐらい誰が見ても明らか。

とかまあ、そんなこともいえるだろうけど、根本的な原因は
この11人が10人になったにもかかわらず勝てなかった というものではないと俺は思う。
そんなことはオーストラリア戦でもUAE戦でもあったし、敗因の本質をついてはいない。

日本の敗因は、自分からすればやはり一定の戦術に囚われきったプレーをしていたことだ。

序盤、ロングボールで裏を取るような動きが見られて、日本も戦術を変えたと思ったのだが、
結局後半からはそのロングボールを自らミスしてものにできない始末。
そしていつもの韓国が守備を固めているにもかかわらずパスコースをぐだぐだ探るプレーに。

そんなことよりも、誰でもいいからドリブルで攻め入る打開策が必要だった。
戦術を状況によって変えていくプレーが出来ていないと駄目である。
因みに、しっかり守っている韓国に対してパワープレーは意味が無い。

今回は本当に杜撰なプレーが目だった。誰でもミスはするものだが、
あのミスの数はとてもではないが許容範囲内とは言えない。

逆に韓国は、一人抜けていてもしっかりと守るべき場所はきっちりと守っていて、
日本の固定された戦術を読みきっていた。
守備が堅ければ切り込んで崩していくか、裏に走りこむか、どちらかしか勝ち目は無い。
日本のように唯パスを回してゆっくり出しどころを探すようでは相手を崩すことはまず無理がある。
相手の守備に切り込んでドリブルをすることによって相手の守備を脅かす選手が一人も出なかった。

サイドからクロスを上げてでのヘディング狙いのみの定型的な攻めでは、
ヘディングが物凄い巧く、背が高くジャンプ力の高い選手が集まっていれば
その策は物凄い効果を発揮するが、日本は平均身長低いでしょ?(ジャンプ力は知りませんが)
それにヘディングが巧い人、いや、それ以前にクロスを正確にあげられる人が・・・(ry
いくらサイド攻撃といっても最終的にゴールは中央なんですから!
そればっかりの攻めだと相手もそりゃあ読んでますよ。

更にミスが多く、ゆっくりなパスが多いのをつけ込んで狙えば、10人でもチャンスがあることを
よく承知していたようで。得点にはならなかったものの、
今回の試合は明らかに韓国のほうが可能性がありました。

切り込んでいく選手が居ない分、決まりきった戦術に対して守ればいいだけの話なので、
例え10人でもそれぐらいはちゃんと決まりを作れば出来る。
日本はそれが故に相手の守備を崩すことが出来なかったと思う。

まあ、逆に言えば韓国の守備が素晴らしく良かったということは言えるが、
日本の決まりきった戦術、そして今回なぜか知らんがスタミナ切れしてる選手が物凄い多かったのは
今後なんとかしなければならない。

パスサッカーはいいとしても、そのパスサッカーからどういった動きに発展させるかが非常に重要である。
ただパスを回していれば良いわけではない。
時には全体の状況を変えるムードプレイヤーになることも大事だ。
そういったところがまだまだ日本には無い。

今回の敗退によって次回シード権を得ることが出来ませんでしたが、
まあ、仕方ない。

まだ一年だし、これからのオシムの戦術や策に期待している。

ちょっと韓国側に対して一言

韓国側監督やコーチといった周辺の人が、
審判に対して規則に違反する行為をするのはどうかと思う。
確かに審判は人間だし、”間違った”と思われる判定をすることは必ずある。
が、抗議してどうとかなる問題ではないのも事実だ。
審判に逆らうことが出来てしまうと、試合を動かせてしまうからね。
だからまあ、ああいった行為はすべきではないと思った。
まああれは一種の時間に間をおく作戦なのかもしれないけど!

PS:韓国トーナメント3連続PKってsugeeeee
しかも全部0-0 0-0 0-0。
GKが巧いのも確かだけど、今回日本戦だけの評価であるが、守備が非常に安定していた。

  by ddrer-yossi | 2007-07-28 23:42 | 日常生活 | Comments(0)

シュウォッチ予約しますた。

昨日復刻版シュウォッチ予約開始と聞いて、
どうしようかと迷ったのですが、
状況から見て再発売は無さそうな具合なので

クレカ使用方式ではなく発送直後に支払う形なので
いいかなと思って予約してしまいますた。

実にネットショッピングはここ12年で2度目です。
価格が1,600円(16連射からか?)で送料無料というのが破格な感じがした。

16shot.jpから予約可能です。

名人のブログを見る限り、予約は9/6頃まで可能なようですが、
限定1万台の模様で、7月中に予約完売しそうな模様です。

まあ、ネタとしてありかなと!目指せ痙攣150!

  by ddrer-yossi | 2007-07-27 23:44 | 日常生活 | Comments(0)

でっていうアイランド2

今日はまた、M氏と続きをプレー。

2-1 Y ○ バグ利用-100
2-2 M ○
2-3 Y ○
2-4 M ○
2-5 Y × フラワー2個取り忘れ80
2-5 M ○
2-6 Y ○
2-7 M × フラワー1個取り忘れ90
2-7 Y  ○
2-8 M × 88点
2-8 Y ○ クリアしたが、同期が取れていませんでしたようで。
2-8 M ○
2-S Y ○

まあやっぱり、スペシャルが一番楽しかったですね。
慣れればあのコースは楽しいものになります。3面のスペシャルといったら非常に難しいので。

  by ddrer-yossi | 2007-07-26 23:20 | ネトゲ全般 | Comments(0)

BOINC 昨日のサウジアラビア戦についてもう少し補足

BOINC!とは

分散計算処理プロジェクトは、分析計算を世界中のPCで分担して行い
    医療など科学の発展に貢献しようというボランティアです。

要は自分のPCを計算機として医療や科学発展の為に貢献するというもの。
2chの有志の方々の作成したwikiが分かりやすいです。

どのプロジェクトに参加するか、選ぶことも可能です。

f0019846_271516.jpg


因みに私の現状況。
スペックは 256mbの1Ghzと、まさにgdgdスペック。
メインPCですが、まあ最近はもうBOINCのために放置するということに慣れてしまいました。
夜間だけ消しています。

XtremeLabの上がり方はやっぱりあまりよくないようで、
課題が少なくなった時期からWorld Community Gridに速攻で抜かれました。
一時期World Community Gridのタスクを停止したのにもかかわらずですよ!

因みにSeti@homeには2度しか提出していません。というか今も停止中。
まあ、2つで一杯一杯なのが現状だし仕方あるまい。
後、グラフが切れているのは謎です。よく分かりません\(^o^)/

で、まあサッカーのほうに入りましょうか。
---------------------------------------------------------------------------------------------

「サッカーアジア杯・高原、大ブレーキのワケ」 出典:夕刊フジ

アジア杯準決勝でサウジアラビアに2-3で敗れたオシムジャパン。ここまで快進撃を支えてきたFW高原(フランクフルト)はこの試合では大ブレーキ。そのワケはオーストラリア代表の怨念がこもっていた主審の判定にあった?!

 同試合のジャッジをしたのはクリストファー主審。実はこの主審がオーストラリア人で、絶好調だった日本代表のエースのリズムを完全に崩してしまった。

 豪州戦で同点ゴールを決めたFW高原とサウジアラビアDF陣とのマッチアップに、同主審はほとんど高原のファウルをとった。オシム監督が試合中、何度もベンチを飛び出して主審に向けて「WHAT?」とジェスチャーで不満をあらわにし、第4審判からなだめられる場面もあった。

 前半33分には左サイドから駒野が右足でクロス。高原がDFを背負いながらゴール前で合わせようとして倒されたが、ファウルの判定はなし。後半24分には、明らかにサウジDFが高原に対して犯したファウルに見えたが、クリストファー主審は「高原のひじ打ち」とみてイエローカードを出され、高原が詰め寄るシーンも。

 「最後の部分でうまくいかない面があった。サウジアラビアは決定機をしっかりモノにした。その差だと思う」と高原が振り返った通り、サウジアラビアは3回のチャンスをしっかり得点に結びつけた。得点力不足というアレルギーが肝心なところで出てしまった。

 とはいえ、豪州との準々決勝では高原と接触した豪州DFが一発退場。これには豪州協会側から「おかしなジャッジだ」と異議を唱える声が数多くあり、準決勝で同じオーストラリア人が日本戦のジャッジをしたのは、実に不可解な審判団のローテーションでもあった。

 オシムジャパンの3連覇が達成できなかった落とし穴は、こんなところにもあった。

--------------------------------------------------------------------------------------------

うん、先ずは厳しいけど一言。負けは負けであって、こんなこと言い出したらきりが無い。

で、確かに高原に対しての判定がおかしな部分はあったが、
その判定をした主審であったオーストラリア人が仮に恨みを持ってそういった行為をしたとしても
自分から見れば誤差の範囲内だった。イエローカードはさすがに変だったけどさ。
PK内でのあれは残念だけどPK取れるファールではなかった。

仮にそれがなくて高原がシュートを決めて得点を入れて勝利したとしても、
この試合内容では納得できそうにないです。
むしろ今回負けてよかったと思ったほうが良い。

完璧に戦術負けだったからね。速いパス回しにもなってなかったし、
それが日本サッカーの売りだったとしたらまだまだ全然完成していないということが
今回のサウジアラビア戦で明らかになった訳なので。

まあ、サウジアラビア側の策略が素晴らしく見事だったともいえよう。
だからまあ、例え勝利したとしても、ごり押しで勝ったにすぎず、
日本の(オシムの)目指すボールを動かすサッカーには程遠い。

ちょっとボールを持っているときにプレスがかかったら元も子もなくなるところは
改善する余地があるのでは。

そうならないためには、ボールを持っている人だけではなく、
パスを受ける側の動きも非常に大事である。

相手の裏をつくことは、どんなに強豪チームでもできないことはない。
そして必ず隙が出て来るので、そこをいかに衝いて裏へ回るか、
パスを受ける側も素早く判断し、移動しなければならない。

でないと、パスを出せる人が居ない状況でそわそわしているうちに
サウジアラビアのようなボールを積極的に奪いに行くチームに悉くやられてしまう。

相手はボールを奪ったら速攻でカウンターかければいいだけであって、
ボールを奪われるとは思っていないところで日本側は奪われてしまったのだから
それはもう体制を立て直すのは難しく、フリーにさせてしまうのも仕方ないです。
ディフェンスが悪いとかこれは一概には言えない。

まあ、1.5倍ほどパスをまわす速度を上げたサッカーを期待します。
だって、相手がプレスに来たところで、ボールを保持できる選手なんて
個人技が非常にうまく、キープ力のある選手以外は無理ですもん。

そんな選手、世界中で数えて十数人いるかいないかでしょ?
大抵の人は二人ぐらいにプレスされたら抜くことは無理である。

まあ、サウジアラビアの体力には驚いたけどね。
最初あの戦法で戦ったら早いうちに体力を切らしてしまうのではないのか
(ベトナムよりはカウンター寄りではないが、積極的にボールに攻め込む部分が入っている)
と思ったのですが、終盤10分ぐらいまで体力が続いてました。

逆に日本は後半10分頃から昔のジーコ時代のパワープレイサッカーになってました(苦笑
まあ、相手チームによって戦術を切り替えることは非常に重要ですね。

  by ddrer-yossi | 2007-07-26 23:04 | 日常生活 | Comments(0)

日本 対 サウジアラビア 戦

おつかれー(ぅぇぉぁぃ
まあ、なんかある意味予想通りといえば予想通りなきがした。
結果は 日本 2-3 サウジアラビア

敗因はいたって簡単なものだった。

今まで日本の戦った相手は大抵足を入れてまで積極的に攻撃を仕掛けてこなかった。
それが故に日本はゆっくりと攻めに入ることが出来た。

今回はオーストラリアのそれよりもはるかに攻撃的で、ファールも多かったが
イエローカードはとられないほどのファールプレーであり、
そのリスクはあるにしても、奪ってカウンターをする時のリターンのほうが大きい。

この作戦は、時間をかけて体制を立て直す特徴のある日本にかなり大きく効き目がある。
パスワークがうまいといっても、それは時間をかけているからだ といってしまえば
日本のサッカーはそれまでである。

そこを衝かれてのカウンターで、ディフェンス陣も流石にこの情勢に整えることは出来ず、
更にはマークが甘かった選手に2点も許した。

完全にここは戦略のミスである。だがこの状況を変化させる選手は
残念ながら居ませんでしたね。

同点ゴールの予感も二度までという後半15分頃の予測は的中してしまいました。

正直後半15分頃、3点目を奪われてから
日本の今回の作戦はうまくいかなかったという空気が選手全員にいきわたり、

あのジーコJAPAN時代のオーストラリア戦と同じ、
無理やり出来ても居ないロングボールや、無駄な動きに走るようになってしまった。
そんなパワープレーよりも積極的に裏を作り、積極的にパスをまわしていくほうが重要だった。

が、決勝点を許した日本にそれをする体力も無かったのかもしれない。
また、あの無理やり押し込むジーコ時代のJAPANに戻ってしまったのかと思うと残念だ。

あの試合と見比べたらほぼ内容が同じだということに気づくはず。
そんな戦法で同点に追いつくのは無謀でした。

実は繋ぐサッカー(笑 だったのですね><
相手にボールを触らせないパス回しが出来ないと今後の日本は駄目です。

今回のサウジアラビアのように攻撃的に攻めて
カウンターという戦法を取るところは沢山あるので。

まあ、今回の試合の反省点はもう百も承知だろうから
そこを韓国戦に向けて本気で改善してもらいたい。

パス回しをぐだぐだやっているが故に負けた というのが今日の試合の結論である。

  by ddrer-yossi | 2007-07-25 23:29 | 日常生活 | Comments(4)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE