<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

大雪 codeforces #110

今日は朝見てみたら雪が降り積もっていて荒れ模様でした。
近所の子供がわーいゆきだゆきだーとか言うけど、まったく嬉しくありません。
それどころか靴がびしょぬれになって非常に憎いです。
なぜこんな日に限って仕事が・・・。

ということでお昼はきのこペペロンチーノで。これが大好きです。
(3月現在はもうやっていません)

f0019846_1845157.jpg


夜は雪も解けていてわりとまともになっていたので、ゲーセンへ。

f0019846_18445287.jpg


が、ゲーセンでイヤホンのイヤーピースが両方共なくなりました。
片方は後々見つかりましたが、もう片方は完全に落としたようです。
とても残念でした。

そしてcodeforces#110をレジストして開始。

A問題 そのマス目の行と列をみて列のほうが多い部分を数えるだけ。

import java.util.Scanner;

public class Test {

public static void main(String args[]){
Scanner input = new Scanner(System.in);
int n = input.nextInt();
int[][] math = new int[n][n];
for(int i = 0 ; i < n ; i++){
for(int j = 0 ; j < n ; j++){
math[i][j] = input.nextInt();
}
}
System.out.println(lucky(n,math));
}

public static int lucky(int n,int[][] math){
int count = 0;
for(int i = 0 ; i < n ; i++){
for(int j = 0 ; j < n ; j++){
int col = 0;
int row = 0;
for(int k = 0 ; k < n ; k++){
col += math[i][k];
row += math[k][j];
}
if(row > col)count++;
}
}
return count;
}

}

B問題。
赤と青でターゲットのように塗りつぶす。
一番外側は青で固定。交互に塗りつぶした時の赤の面積を求める。

import java.util.Scanner;

public class Test {

public static void main(String args[]){
Scanner input = new Scanner(System.in);
int n = input.nextInt();
int[] circles = new int[n];
for(int i = 0 ; i < n ; i++){
circles[i] = input.nextInt();
}
System.out.println(lucky(n,circles));
}

public static double lucky(int n,int[] circles){
Arrays.sort(circles);
double sum = 0;
int count = 0;
for(int i = circles.length-1 ; i >= 0 ; i--){
if(count % 2 == 0){
sum += (circles[i]*circles[i]);
}else{
sum -= (circles[i]*circles[i]);
}
count++;
}
return Math.PI*sum;
}

}

C問題 any end of the stringの解釈を間違える。
実はこれ、始まりと終わり両方を指すというオチ。

最後に文字を付け加える、もしくは最初か最後の文字を消すもしくは文字を変更する
これらの動作を1ターン1回として行い、与えられた文字列から目的の文字列を部分列として出すのに
最少何回かかるかを求める。

D問題 読んだけど無理。
容疑者を指す番号と容疑者でないを指す番号があって、
それぞれが主張している。 何人の容疑者がいて、何人が正しいことを言っているかだけわかる。
その人が嘘を言っているか本当のことを言っているか、それとも判別できないか
それぞれ判定せよ。

  by ddrer-yossi | 2012-02-29 23:41 | codeforces | Comments(0)

文章の修正

今日は3/1に間に合わせるべく、文章の修正を行なっていました。
フランスの余韻が残っているわけでもないですが、雑感を。

・野菜を食べる習慣がなさそう(ハム、乳製品、パン)
・トイレ少ない(公衆便所はほぼ皆無。観光地にあるかないか)
・おつりがきっちり返ってこない(スーパーとかで1~10円単位が返ってこないことも)
・交通手段は日本と同じくらいはある(日本よりは分かりやすいかもしれない)
・スリや詐欺が多い(詐欺られました)
・建物内すべて禁煙(法律で決められています。素晴らしい。)
・食事が高い(店によりますがカフェに行きますと2000円ぐらい)
・酒が安い(日本のアサヒビールですら日本より安いです)
・コンビニがない(代わりに大きなスーパーマーケットとかで。)
・薬局がわかりやすい(緑の十字)
・自販機が少ない(駅構内ぐらい) 多いのは日本だけだとか

近いうちにスノボ4度目に行くので、ターンがどういうものかもサイトを見て妄想していました。

  by ddrer-yossi | 2012-02-28 23:03 | 日常生活 | Comments(0)

フランス旅行 八日目 ~飛行機の旅その2~

日付変わってもあまり書くことないですが、
またもアイスを逃し、カップヌードルだけ残る。
しかも今回はタイバージョン。2時間ごしに2つとも頂きました。

f0019846_10551465.jpg


2回目はビールがもうないということなのでコーラで。

f0019846_10553648.jpg


そして最後の機内食。フランスの朝飯を思い出します。

f0019846_1056330.jpg


到着した瞬間こうなる
f0019846_10562410.jpg


10:30には到着。
f0019846_10565730.jpg


しばらく話して、14時に帰宅。
f0019846_1057248.jpg

カルヴァドスと、GRAND CRU CLASSEの高級ワインです。
左が10年もの、右が6年ものです。色が明らかに違うのがわかります。

そして、帰宅した僕に待ち受けていたのは悲報でした。
結局ダメだったようです。2戦目は敗退。

その後は疲れもあってか、ずっと寝ていました。お疲れ様でした。

  by ddrer-yossi | 2012-02-27 23:53 | 旅行 | Comments(0)

フランス旅行 七日目 ~飛行機の旅その1~

さて、ホテルの食事も最後です。もはや飽食気味となってはいましたが、これともお別れです。
f0019846_10145055.jpg


f0019846_10151489.jpg

室内概要(コンセントはわずか2ヶ所(洗面所の変なところとテレビ)しかありません。

f0019846_1016694.jpg

ユニットバス(当然ですが、ウォッシュレットなどはついていません)

トランクへ詰め込む荷物の片づけがなかなか大変でした。
特に割れ物(高級ワイン)は慎重に詰めました。

f0019846_10165242.jpg

10時にはバスが迎えに来ました。

f0019846_1018748.jpg

フランスを感じる1曲。日本ではもう19時です。

f0019846_10185424.jpg


f0019846_1019384.jpg


f0019846_10193451.jpg


f0019846_10195426.jpg


荷物検査も無事終わり・・・といいたいところですが、
僕は空のワインボトル(プラスチック)で引っかかりましたが、okとなりました。
友人は飲みかけのペットボトルがあり、
これを一気飲みするか捨てるか即時判断を委ねられ、捨てられていました。

f0019846_10213638.jpg


f0019846_10214789.jpg


f0019846_10221130.jpg


f0019846_1022418.jpg

13:30には出発です。

f0019846_1023190.jpg

ということで行きで飲めなかったシャンパンを飲む。

f0019846_10233787.jpg

グロ人間(グロニンゲン)

f0019846_10241539.jpg

-55℃

f0019846_10245364.jpg


その後はカイジ2とリアル・スティールを見ていました。

カイジ2は、沼でよくあんなイカサマ思いつくなあと。
しかし、イカサマが逆に裏目に出てしまったところも面白かったです。
でもあの高度なイカサマ、本当に存在しそうですな。

リアル・スティールは、うん、子供のやる気すげー(違
操作するのではなく、実際に人間も動いて、その動作をロボットが真似るという
新しい方式によって、次々とロボットを倒して賞金を稼いでいくといった具合です。
親父は割とどうしようもない奴でしたが、彼の実力なしでは勝てなかったです。

この辺で朝5時ぐらいなので、記事を2/27に回します。

  by ddrer-yossi | 2012-02-26 10:13 | 旅行 | Comments(0)

フランス旅行 六日目 ~蚤の市、再度大聖堂、ランダムウォーク~

今日は朝10時過ぎに出発。
f0019846_9463846.jpg


近場なので歩いて蚤の市へ。

f0019846_9473244.jpg

-1F

f0019846_948692.jpg


f0019846_9481635.jpg


骨董品、絵画、ワイン、ガラクタなどが交渉前提の価格で売られていました。
結構ぼったくりなもののほうが多いです。そこに価値を見いだせるかですが・・・。

昼は大聖堂に行きたいという要望で再度行くことに。
今回は外の入口はあっさり通してもらえたのですが、
チケット購入所でかなり並んでいましたので、結局待ち時間は大差ありません。

f0019846_9501587.jpg


f0019846_9545724.jpg


f0019846_955951.jpg


f0019846_9552722.jpg


f0019846_956572.jpg


f0019846_9562021.jpg


f0019846_9563141.jpg


f0019846_9564418.jpg


f0019846_9565290.jpg


f0019846_957562.jpg


f0019846_9571422.jpg


f0019846_9574181.jpg


f0019846_9575097.jpg


f0019846_958647.jpg


f0019846_9581634.jpg


f0019846_9583785.jpg


f0019846_9585927.jpg


その後は近くの軽食屋で軽く食べる。これで800円ちょい。

f0019846_9595942.jpg


ちなみに選んだものと違うものが出ました(左)
肉を選んだはずが、ツナになっていたので・・・。

その後は散歩です。個人的にはオルセーを回りたかったのですが、
興味ある人があまりいないので仕方ないでしょう。(ルーブルも興味ある人と中心に回りました)
f0019846_101241.jpg


f0019846_102718.jpg


f0019846_1021623.jpg


で、ダーツの旅的なことをして着いた駅(1箇所目)はどこか忘れましたが、
商店街っぽい感じでなかなか良かったです。(Brouseとかかもしれません)

その後は要望で一旦Operaに戻ました。
ここが二日目に行ったスタバです。
f0019846_107343.jpg

そして、再度ダーツの旅っぽいことをやってRepubliqueへ。
f0019846_1075148.jpg


f0019846_1081469.jpg


f0019846_108345.jpg


歩き疲れたので一旦Alesiaに戻る。
近場のお店を見て回り、その後は少し豪華そうなカフェへ。
大体20ユーロでした。カフェで食べるとそのぐらいはします。

f0019846_109187.jpg


f0019846_1092762.jpg


f0019846_1094835.jpg


f0019846_1010663.jpg


f0019846_10101512.jpg


f0019846_101037100.jpg


夜はシードルやビールを沢山買ってパーティー。
65ユーロする高価なワインも買いましたが、これは家用に持ち帰ります。

f0019846_1011616.jpg

その後は人狼やジャングルスピードをプレーして若干のアクシデントが起こるなど、
面白い展開でした。今日で旅も終わりです。

  by ddrer-yossi | 2012-02-25 23:44 | 旅行 | Comments(0)

フランス旅行 五日目 ~ヴェルサイユ宮殿、ノートルダム大聖堂、夜のエッフェル塔へ~

ヴェルサイユ宮殿が朝9時からやっているということなので、
6時半には起床して、7時半には飯へ。

f0019846_2402536.jpg


早め早めのつもりが出発は遅れて9時に。
この1時間が後々大きく影響します。
f0019846_241295.jpg

終点の Pont de Sevresまで。

f0019846_2432082.jpg

少しスーパーに寄って飲み物の購入をする。
8リットルのvolvicとかあるんですよー(棒

その後、バスに乗るのですが、ヴェルサイユ宮殿に向かうには
navigoパスを1区間広げるか、そこに行くためのチケットを買わなければいけません。
f0019846_247860.jpg

これを知らずに行ったので、結構大変な目に遭いました。
そしてバス前の券売機ではなんと札が使えないのです。
自分は行きの分だけのチケットをなんとか硬貨で購入し、
友人は地下鉄のインフォメーションまで行き、そこで往復分のチケットを購入していました。
正解は往復分のチケットを購入することです。
言うまでもないですが、これもまた失敗の一つです。

バス停で40分前後右往左往していたので、結局バスに乗ったのは10時頃。

f0019846_2464878.jpg


バスで25分ほどして、ヴェルサイユ宮殿へ到着。

f0019846_2475415.jpg


f0019846_2482035.jpg

ルイ14世

f0019846_2485149.jpg


最初はチケット売り場に気づかず・・・。
f0019846_250044.jpg


f0019846_2502916.jpg

チケットを18ユーロで購入したのですが、
まず友人のほうを見ると面白いことになっていました。

50ユーロ札を入れてチケットを購入したら32ユーロのお釣りが来ます。
普通に考えれば20ユーロ札と10ユーロ札と2ユーロ玉かなーと思いきや
2ユーロ玉*16のじゃらじゃらでした。

ぷぷっざまぁwwwwwwwwと思って、自分は別の券売機に行き、同じく50ユーロを入れてみた。

・・・・・・・・じゃらじゃらじゃら

アレェ・・・。

なんかもう、絶望しか感じませんでした。

f0019846_2523081.jpg


f0019846_253849.jpg

わかりにくいシルエットのトイレ。
実際におじさんが間違えて女子トイレに入っていました。よく見ないとわかりません。
掃除のおばさんが丁度いたので、ここ、女子トイレですよみたいなことを言ってました。
おじさん苦笑いなところまで見ました。

さて、宮殿内部へ。
f0019846_2542741.jpg


f0019846_255655.jpg

宮殿内から見える庭。こんなものかーと思ったら後悔することに。

f0019846_2555735.jpg


f0019846_25666.jpg

この時気づかなかったのですが、地平線の奥も全部庭です。

f0019846_2564315.jpg

天井の絵

f0019846_2573467.jpg


f0019846_2575084.jpg


f0019846_2583684.jpg


f0019846_2585139.jpg


f0019846_2591834.jpg


f0019846_3056.jpg

戴冠式の絵がここにも。

f0019846_305728.jpg


中を見学した後は庭へ。

f0019846_322019.jpg


f0019846_323864.jpg


とにかくあの向こうも全部庭です。

f0019846_332793.jpg


f0019846_341892.jpg


向こうまで行くのに1時間かかるということなので、断念して引き返しました。

1区画の庭はこんなかんじです。
f0019846_35693.jpg


f0019846_355550.jpg


f0019846_363286.jpg


f0019846_364788.jpg

ギャラドスっぽくみえた。

f0019846_371385.jpg

乗って回る奴もあった。

f0019846_373848.jpg


f0019846_375796.jpg


f0019846_382964.jpg


f0019846_383837.jpg


f0019846_393621.jpg


f0019846_39573.jpg


この時点で1時48分でした。
その後残念なことにバスチケットを買う場所がバス停にはありませんでした。
ので、近く(といっても15分ほど歩く)RERの駅まで行って、購入する羽目になりました。
ここで更にロスがかさむ。
結局Cite駅についたのは3時30分頃でした。
やはり並んでいて、4時に入れるかあやしいラインというところ。
その時、おじさんが仮面をかぶって脅かすということをやっていました。
案外みんな気づかないものです。

f0019846_3133895.jpg


f0019846_31449.jpg


正体はこの人。陽気な方ですの。

さて、4時にぎりぎり入ることに成功しました。
f0019846_315789.jpg


f0019846_315491.jpg


f0019846_316732.jpg

大量の2ユーロ玉を召喚する時が来ました。

f0019846_3163821.jpg


f0019846_3165928.jpg


これがもう、すごいんですわー。

f0019846_318340.jpg


f0019846_3181393.jpg


f0019846_3191775.jpg


f0019846_319541.jpg


f0019846_320452.jpg


f0019846_3203838.jpg


隣にあった裁判所にも入ってみました。
f0019846_3213098.jpg


f0019846_3215170.jpg


f0019846_3221478.jpg


f0019846_3233075.jpg

しかしオルセーについたのは17:30。最終受付が17:00で、間に合いませんでした。

f0019846_3241342.jpg


仕方ないので周りを散策。Discountというお店があり、ワインやらVitaやら売っていました。
その後はカフェに入り、ホットドッグとワインを召し上がりました。10ユーロです。
サービス代をちょっととられました。

f0019846_325215.jpg


f0019846_3253735.jpg

カリカリに焼きあがったフランスパンに、芳醇なチーズとスパイシーなソーセージの乗った
ホットドッグでした。うまいけど近くにあったナイフじゃなかなか切れませんでした。

今度はライトアップされたエッフェル塔を観に行きました。
f0019846_3271269.jpg


f0019846_3274166.jpg

1時間ごとに、ピカピカ点滅します。これはその瞬間です。

友人は行かず、自分だけ再度上に登ることに。とはいえ、頂上に行きたかったのだが、
頂上はオープンしていませんでした。

f0019846_3283467.jpg


f0019846_329869.jpg

待ち時間は50分。階段を走って上り、ぜぇぜぇいって2Fへ。

f0019846_3295817.jpg


f0019846_330799.jpg


f0019846_3305883.jpg


待っていた時間が50分に対し、上に居た時間はわずか20分でした。

ホテルに戻ると、4人は既に帰っていて中華を食べて、酔っているところでした。
ということで外で少し買い出しを行う。
生ハムが本当においしかった・・・。

しかし、酒を飲んで泣き上戸になる人が居て、
色々と無茶な命令をしていて色々と大変でした。
一日ぐらいそういう日があってもいいかもしれないですが、
こういうのって本人は記憶がないから困ったものです。
壮絶なバトルが繰り広げられていました。

  by ddrer-yossi | 2012-02-24 23:37 | 旅行 | Comments(0)

フランス旅行 四日目 ~モンサンミシェルへ~

今日は6時起き、7時にルーブル駅に集合となっていました。
このツアーです。
朝飯は昨日購入したサンドイッチを持っていく形で。
f0019846_2151672.jpg

この日の天気は荒れ模様でした。

そしてなんと、逆方向のPONT MARIEに行ってしまう失敗を犯す。
乗っていた時に駅の表を見て自分がすぐに気がついて1駅ですぐ降りることができたものの、
一気に時間がぎりぎりになってしまった。

f0019846_21522210.jpg


f0019846_2153562.jpg

電車の本数に救われた感じです。ぎりぎりで到着しました。
これが誰も気づかなかったらと思うと・・・。
自分がファインプレーすぎてアレでした。

モンサンミシェルまではガイドさんが色々と説明してくれました。

f0019846_21535365.jpg


f0019846_21543324.jpg

バス内から見る凱旋門

f0019846_21551115.jpg

セーヌ川

f0019846_21554820.jpg

やはり天気はよくないです。

f0019846_21563012.jpg


そうしているうちにブブロン村へ到着。
シードルと、シードルを蒸溜して作ったカルヴァドスがあるんだとか。
カルヴァドスに興味が惹かれたので、購入するつもりで。

f0019846_21582264.jpg


f0019846_21584449.jpg


f0019846_21585244.jpg


f0019846_21592013.jpg


f0019846_21593019.jpg


f0019846_2201627.jpg

お、おう・・・。

f0019846_223496.jpg

梨のお酒、カルヴァドス、シードルと並んでいます。

f0019846_2241340.jpg

ここで6年もののカルヴァドスと、10年もののカルヴァドスを買いました。
両方あわせて6000円なり。

f0019846_225173.jpg

ミシュラン1つ星のレストラン。

f0019846_2244990.jpg

シードル通り

その後はレストランに到着
f0019846_226629.jpg


シードルとオムレツをいただきました。
f0019846_2263659.jpg


f0019846_227192.jpg


f0019846_2272938.jpg


f0019846_227575.jpg

プレーンオムレツは泡だらけ・・・!

f0019846_2282776.jpg

おなじみのポテトフライに

f0019846_2284572.jpg

アイスの乗ったタルト

f0019846_2291881.jpg

モンサンミシェル(台形)

f0019846_2295610.jpg

ちょっとみえてきたかも。

f0019846_2210292.jpg

ヤドリギです

f0019846_22105443.jpg

到着!

f0019846_22111673.jpg


f0019846_22115273.jpg


f0019846_2212489.jpg


f0019846_22124844.jpg


f0019846_22125923.jpg


f0019846_22132397.jpg


f0019846_22141022.jpg


f0019846_221431100.jpg


f0019846_22145847.jpg


f0019846_22151026.jpg


f0019846_22161655.jpg


f0019846_22164197.jpg


f0019846_22165146.jpg


f0019846_22172117.jpg


f0019846_2218756.jpg


f0019846_22183853.jpg


f0019846_22185632.jpg


f0019846_22194950.jpg


f0019846_222055100.jpg


f0019846_22214381.jpg


f0019846_22221762.jpg

ここでコインを投げ入れました。落ちなければいいとかそういうのでしょうか。

f0019846_2223827.jpg

ジャンヌダルク

2時間程度の見学ツアーでしたが、なかなか興味深いものが見られました。
夜はオペラ周辺で飯屋を探すことに。

オペラ界隈の日本食の店は激マズだと言っていましたけど。
f0019846_22243840.jpg


結局カフェに行こうと私が提案して、カフェに行くことに。

f0019846_2225305.jpg

ペンネとか

f0019846_22255074.jpg

カルボナーラ

f0019846_22261068.jpg

ここの勝利条件はピッツァでした。

f0019846_22263794.jpg

私はステーキにしました。

が、食べ比べする時に、ロゼワインをピッツァにこぼす失態をしてしまいました。
マジでごめんなさい。

f0019846_22272594.jpg


今日は明日どこ行くかという話で、ディズニーが出てきましたが、
どうしてもノートルダムに行きたいのと、ヴェルサイユ宮殿に行きたいのとあって、
別行動することになりました。つまりディズニーに行くグループ(4人)と、
ノートルダム、ヴェルサイユ、オルセーを回る組で。
結局この日は相談が長引きました。

f0019846_2228023.jpg

夜中の4時ですが、このビールを飲みながら晩酌でツマミを食べました。

  by ddrer-yossi | 2012-02-23 23:49 | 旅行 | Comments(0)

フランス旅行 三日目 ~ルーブル美術館へ~

今日は8時に朝飯。
f0019846_1759717.jpg


9時半には出ました。
f0019846_17593273.jpg


f0019846_180767.jpg

山手線もびっくりの運転間隔

f0019846_1803370.jpg

Operaに到着です

この後HISの代理店に行き、モンサンミッシェルのツアーがないか聞いてきました。
一人はフランスの理髪店で散髪、
他の二人は観光局へ行って、割引関連がないか聞いています。
ツアーはあるが、明日なんだとか。

その後はスタバで一息。

f0019846_1821565.jpg

スタバのメニュー。(映っているのは私ではありません)
Cafe de la Semaineというやすいコーヒーがあるからなんだろうと気になる。
予想としては本日のコーヒーか何かだろうということ(これが当たる。)

カフェデラセマイネ!
なんとか通じました。
セマイネ=今週とか今日とかそういう意味だそうです。

f0019846_1845497.jpg


その後はサンパウロへ。髪切っている人以外が揃う。
主に街をぶらぶら。
f0019846_1854911.jpg


f0019846_1875953.jpg

街中にメリーゴーランド

f0019846_1882897.jpg


f0019846_1883612.jpg


f0019846_1885852.jpg


f0019846_1892169.jpg


f0019846_1810292.jpg


f0019846_18102038.jpg

この店でチュリトスを購入。

f0019846_18104488.jpg


その後、全員合流して再びOperaへ。
HISにツアーの申し込みをしました。一人あたり130ユーロ。

その後少し遅いお昼。
f0019846_1812127.jpg


f0019846_18122813.jpg

Cite駅についたのはなんと16時。
この後ノートルダム大聖堂に行こうとしたのですが・・・。
どうやらパスを持っている人でない限りは入場不可だそうです。(16時まで。

f0019846_1813248.jpg


ということで泣く泣く断念です。そのときは本当にショックでした。
そしてルーブル美術館へ。

f0019846_1814077.jpg


f0019846_18142935.jpg


f0019846_18144940.jpg


f0019846_18145987.jpg


f0019846_1815177.jpg


f0019846_18154416.jpg


館内。さすがに世界一大きな美術館だけあって、広さは半端じゃないです。
いくつかのエリアにわかれていて、主要なものを見つつなるべく回っていく方針で行きました。
写経している人も結構いました。

f0019846_18164154.jpg


この部分の写真でも500枚あるので、代表的なものを中心に載せます。

f0019846_19113971.jpg

ハムラビ法典

f0019846_19135194.jpg

中性ルーブルの壕

f0019846_19143793.jpg

ラムセス2世座像

f0019846_19163071.jpg

ミロのビーナス

f0019846_19175524.jpg

エロスの接吻で目覚めるプシュケ

f0019846_1918365.jpg

囚われの身/瀕死の奴隷

f0019846_19191053.jpg


f0019846_19202383.jpg

モナリザ

f0019846_192112100.jpg

ナポレオン一世の戴冠式

f0019846_19255177.jpg

カナの婚宴

f0019846_19222364.jpg

サモトラケのニケ
f0019846_19223769.jpg

横から

f0019846_19265021.jpg

自画像

f0019846_1928391.jpg

ガブリエル・デストレとその姉妹ビヤール公爵夫人とみなされる肖像画

f0019846_1931059.jpg

レースを編む女

f0019846_19334559.jpg

宰相ロランの聖母

f0019846_19343488.jpg

いかさま師

f0019846_19354296.jpg

ナポレオン三世の居室

正直3時間で見きれる内容じゃないです。1日かけても無理でしょう。
高速で見ていったのでなんともいえない感じです。

おみやげにはマグカップと簡単な資料を購入しました。

f0019846_19371830.jpg

夜のルーブル美術館。水曜日なので21:30までやっています。

夜は中華料理の盛り合わせで。
f0019846_19375963.jpg


f0019846_19381292.jpg

地獄のエクセレンスチョコ。

  by ddrer-yossi | 2012-02-22 23:57 | 旅行 | Comments(0)

フランス旅行 二日目 ~エッフェル塔で詐欺られる~

今日は朝7時に起床し、朝食へ向かう。
ロビーには堂々とあのラクレットパーティーの文字が。トラウマです。
f0019846_1710287.jpg


これが私の朝食
f0019846_17103551.jpg


9時には出発。
f0019846_17113578.jpg


f0019846_17121348.jpg


f0019846_1713725.jpg

ということで地下鉄へ。

f0019846_1712527.jpg

一週間ある区間一定料金というものがあるようですが、
それを購入するのに結構苦戦していました。navigoとかいうのです。

f0019846_1714144.jpg


f0019846_17141630.jpg


f0019846_17143420.jpg

自販機は割高。しかも置いてあるところをほとんどみない。

f0019846_1715677.jpg


驚いたのは、電車を開くのにもボタンを押して開ける、
降りる時はぐるぐる回すレバーがあり、
それを回さないと開かないということです。
自動で開くなんてことはありません。

f0019846_17155078.jpg

さて、エッフェル塔です。

f0019846_17171321.jpg

日本文化会館

f0019846_17173060.jpg


f0019846_17175317.jpg

登っていきます。階段のほうが空いていて、かつ安いので階段で。

f0019846_17182194.jpg


f0019846_17183680.jpg


f0019846_1719641.jpg


f0019846_17192468.jpg

並びすぎ・・・。

f0019846_17195895.jpg

セグウェイやってる団体発見したよ!

f0019846_17203438.jpg


詐欺に遭ったのはこの場所です。写真を撮りまくっていたところ、
障害者募金を募る黒人っぽい女性がまず英語で友人に話しかけます。
英文をよく見ると障害者募金と書いてあり、最低20ユーロお願いしますという感じ。
名簿には氏名と、国籍と、募金額を書く欄がありました。
これに友人が捕まってしまい、気づいたら更に二人増え、自分にも話しかけてきました。
募金しなくてもいっかなーと思い、逃げ切れなくなりつい名前を書いてしまいました。
そして20ユーロとかたくなに言ってきますが、面倒なので10ユーロ渡してしまいました。
すると、とっさにひったくるかんじで、他のところに飛んで行きました。グルなのでしょう。
ちなみに自分以外にも二人友人が支払っているので、合計30ユーロの損失です。
この損失分はあとで旅の6人で割って一人5ユーロとなりました。

面倒なので去っていくと、さっきの人がまたもやこちらに近寄り、
20ユーロだとしつこく言い寄ってくるではありませんか。
ここまでくると募金もクソもありませんでした。友人はしきりに「Non!」と叫んでました。
僕はもう反応する気も失せていました。なにせ詐欺られてしまったので。

こういった近寄ってくる人には断固拒否の対応を取る必要があります。
相手側からすれば、こいつら観光客だ。いいかもだぜ!としか思っていないので。
最悪蹴り飛ばしもアリだと思います。日本だとこんなことはあまりないと思いますが、
それは日本が本当に平和すぎるのです。
5ユーロで詐欺の勉強をしたと前向きに考えましょう。初めてです。
詐欺童貞がぁぁ(違

詐欺られた後はカフェで昼食へ。

f0019846_17252860.jpg


f0019846_17253897.jpg


f0019846_17262419.jpg

ミートパイおいしいです。

f0019846_17271631.jpg

極上のビールと一緒に。

f0019846_17273522.jpg


f0019846_1728032.jpg

これで20ユーロです。ごちそうさまでした。

その後は凱旋門へ。
f0019846_17283579.jpg


f0019846_1729110.jpg


ここでもいろんな写真を撮っていたのですが、途中で黒人3人組が
写真撮ってあげましょうかといった感じで近寄って来ました。
詐欺を学習したのか、友人は拒否しました。
もし詐欺を学習していなかったら手渡していたかもしれません。
そして、最悪の場合はその3人組に盗られてしまったでしょう。(iPhone)
本当に良心的な人かもしれませんが、
うかつに他人に物を渡さないのはセオリーです。
断った時に、折角こっちは親切にしてあげたのにな感じのかおをしていましたが、
私はまるっきり信用していませんでした。

その後、H&Mに行きたいということなので、
私は行かずに一人で凱旋門を回ることにしました。

f0019846_17313574.jpg


f0019846_17315088.jpg


f0019846_1732126.jpg


9.5ユーロ払えば凱旋門の上も行けるようです。

f0019846_17324849.jpg


f0019846_173306.jpg


f0019846_17333324.jpg


f0019846_17342092.jpg

コンコルドという駅名があります。

f0019846_1735478.jpg

フランスの薬局はわかりやすい。

f0019846_17353050.jpg

夕飯を食べるお店です。

この後夕飯まで街を散策。
しかし、喉が乾ききっていたため、つい露天で水を買ってしまいました。
1.8ユーロです。(スーパーで買えば0.3ユーロぐらいの値段)

19時に夕飯。これはオリーブ。(日本時間朝3時)

f0019846_17372174.jpg

病院の味がするーとか自分が訳のわからないことを言っていたら、同意されました。
消毒液の感じです。食べた後の口内の臭いがそれ。

f0019846_17381710.jpg


f0019846_17385396.jpg


f0019846_17383923.jpg


f0019846_1739888.jpg

エスカルゴです。

f0019846_17393083.jpg

鴨肉。ちょうどカモにされたので(違
美味しいのですが、塩辛いのとボリュームがありすぎてお腹いっぱいでした。

f0019846_1740187.jpg

帰りはレッドブルと水を購入しました。レッドブルは473ml。これで2.4ユーロです。

  by ddrer-yossi | 2012-02-21 23:08 | 旅行 | Comments(0)

フランス旅行 一日目 ~人生初のロングフライト~

今日は2時ぐらいまで準備した後に、寝る。
交通手段に電車を使うことにして、成田空港へ。2時間ほど。

10時半には到着し、その後はチケットを受け取るなり、
ユーロに換金するなりした。
ユーロは、最初は5万円分にしていたが、足りない気がしたので7万円分をユーロにした。
650ユーロと数円といった感じでした。

f0019846_16205218.jpg


f0019846_16205869.jpg


さて、1万kmにもなる長旅です。13時発(だったとおもう
まずは飲み物。ビールからスタートしました。
f0019846_16221251.jpg


友人も僕の真似をしてビールに。

f0019846_16224843.jpg

機内食。だいたい時刻は14:30。

f0019846_16233137.jpg

シャンパンがもうなくなってしまっていたのでワインを頼みつつ。

その後隣の友人がいきなり気持ち悪くなっていました。
多分飛行機とお酒のせいです。急にフラっと倒れたのでびっくりしました。

その後は少し寝ていたようです。
自分も勉強しつつ、寝ていました。
起きたら17時半ぐらい。アイスなどの販売もやっていたらしいのですが、
見事に逃しました。ハーゲンダッツです。

結局また寝て19時に起きて、カップヌードルを食べました。
ビールももらったのですが、その際に、さっき倒れた人だよね!とか聞かれました。
いやー僕じゃないっす!

f0019846_16263596.jpg


丁度時間が過ぎつつ、西に向かって時間を戻しているので、あまり時間が進んでいないように思えます。
日本時間23時頃ですが、明るいです。(本当は撮影はよくないかも。

f0019846_16273923.jpg


晩飯です。

f0019846_16275881.jpg


f0019846_16282772.jpg

日本時間0:44

f0019846_16291172.jpg

10024kmです。到着時の日本時間は朝の1時。パリではまだ17時といったところです。

f0019846_16304132.jpg


f0019846_16311578.jpg


f0019846_1632896.jpg

シャルルドゴール空港を後にしました。
JTBが送ってくれるのは最初と最後だけです。

f0019846_16324077.jpg

Ibis Alesiaに到着しました。日本時間朝の3時半です。

スーパーに行き、買い物をしました。
気づいたことといえば、ハムやチーズの種類が大変豊富だということ。
野菜がほとんどないということですかね。
f0019846_16334914.jpg

全財産です。(100ユーロは友人から拝借)

f0019846_163450100.jpg

買ったものの数々。

で、この中に1ユーロで大量に入っていたラクレットチーズがあったのですが、
開けた瞬間恐ろしい臭いを放って来ました。
んで、ジャンケンで負けた人が食べるということになり、まず一人が犠牲に。
次にワインのコルク抜きを取ってくるか、ラクレットチーズを食べるかのジャンケンで
また一人が犠牲になりました。コルク抜きは結局取りに行かず、ワインは持ち越しに。
ラクレットチーズはもともとそのまま食べるようにはできていないようで、
焼いて臭いを抜いていくもののようです。
それにしても1ユーロは粗悪品だと思いますが。

取り敢えずこれで夕飯となりました。日本時間9時に就寝です。(パリ時間1時)

ここからは面倒なのでパリ時間表記でいきます。

f0019846_16362460.jpg

おやすみなさい

  by ddrer-yossi | 2012-02-20 23:17 | 旅行 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE